自由が丘の歯科

歯を抜かないで治療してくれる自由が丘の矯正歯科

歯の地慮と言えば、少し前までは歯を抜いて治療することがメインといっても良いものでした。
しかし、時代はかなり変化してきています。
治療法にも革新的な技術が使われ始めています。
いままでは、抜かなければスペースができないと思われていたような、
歯の矯正に付きましても格段の進歩が出てきているわけです。
実際に抜かない歯列矯正というものができるようになってきました。

 

その抜かない歯列矯正というものですが、実際ん抜かないで歯列矯正を行ってしまいます。
そもそも、歯を抜くといろいろな体の負担が出てきてしまいます。
歯を抜くためには、麻酔なども使いますし、
その日1日非常に大きな影響が出てきてしまう可能性もあります。
さらに、上下の歯の本数が変わってきてしまうことにより、
かえってかみ合わせが不自然になってしまうこともあるわけです。
思った以上に歯を抜く歯列矯正には悪影響があると思っていただいて間違いありません。

 

その抜かない自由が丘の歯列矯正ですが、
どうしても歯を抜かなければ対応ができないということがあることも事実です。
そういった時は親知らずだけ抜くようにします。
その親知らずですが、実はあまり必要のない歯でもあります。
ほとんど役に立っていない歯ですので、そちらを抜いてスペースを作ります。
身体への負担も少ないのでお勧めとなるわけです。

 

ピラティス インストラクター