歯科の数は多いのに歯が美しくない日本人

歯科の数は多いのに歯が美しくない日本人

日本では今コンビニより歯科の方が数が多いと言われています。
しかし不思議なのは、これだけ歯科の数が多いと言うのに日本人の歯はあまりキレイではないということです。

 

キレイではないと言うのは歯並びであったり歯の色であったり虫歯の数であったりといろんなことを差します。
欧米に比べ日本の歯科の治療費は安いのにもかかわらず、あまり定期的に通う方がいないのが現状です。

 

これは歯科治療の料金が安いことが裏目に出た結果と言えるかもしれません。
つまり虫歯になっても安く治療することができるので、痛くなるまで放置してしまう方が多いのです。

 

しかし虫歯は一度治療すると、たとえその場で削って詰め物をしても歯の寿命は短くなってしまいます。
ですので何より大事なのは虫歯を作らないこと。
歯科に定期的に足を運んで、予防歯科に力を入れることが大事なのです。

 

半年に一回定期健診する場合は1万円もかかりません。
健康保険が利用できるわけですから、しっかり定期健診に行って歯の健康を自分で守りましょう。